将来はweb学校での活躍も可能

ネットサービスの開発に携わってきたエンジニアは、開発技術の高いスキルを持っている。その能力を活かし、開発現場で活躍できる。さらに身につけた能力は、次の次代を担う人材の育成に役立てるのも方法である。技術が継続するためには、次の世代に受け継がれる必要がある。人材を育成する期間であるのが、web学校である。エンジニア志望の学生たちが、教育機関に集まっている。彼らに実践的なノウハウを教育できるのが、これまで開発現場で実際に仕事に携わってきた技術者である。

web技術者の養成を行っている教育機関で、人材育成の仕事で活躍ができる。講師として学生に接し、技術者になるためのノウハウを位置から指導していく。教育する立場に立ってみると、人材の育成が難しい行為である事がよくわかる。難しい技術を人に伝えるのは難しい。たとえ熟練したテクニックと経験を持った技術者であったとしても、未熟な学生たちの育成には手こずる。それでも学校での仕事を通じて、創意工夫して人に教える仕事の魅力が次第に理解できるようになる。

webエンジニアとして、仕事に一段落ついたなら、今度は講師としての道を目指すのもいい。そこには、これまで携わってきた開発の仕事にはない活躍の場がある。自身が指導した学生たちが、これからネットの業界を支える技術者として巣立っていく。技術の継承をサポートする役割で活躍し、将来のネット業界の発展のために貢献ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です